はらから

絵を載せていきます。
何卒、何卒

選ばれてあらぬ故

 恍惚と不安と二つ我になし。ってね。悲しいですね。いつか、卑屈にならずにこの一節をいうことができるのでしょうか。
 この一節をさらに有名にしたのは太宰の「晩年」でしたか。紙の本でまだ手に入れていないので手に入れたら読みたいです。巻頭の一部だけちらっと知っているのですが、「今読むべきではないな」と思ってから一年以上経っています。
 ドグラ・マグラも読みっぱなしです。夏休み中に全部読もう…。


 
 話をする前から脱線してしまいました。
 今日はどこからか花火の音が聞こえてきたので、暑中見舞いの葉書用のイラストでも描こうと思い、図案を描いてました。
 今のところ気に入ったのがこちら↓


 載せる前に(図案なので…)念のため加工してあるので見づらいかもしれません。


 これは鉛筆かボールペンで描き上げようと思っています。もしかしたら水彩と二通り描くかもしれませんが。


 一年以上前のイラストですがこんな感じに。友人の誕生日に描いた絵です。


 これどうやって描いたんだったかなあ。忘れていて不安ですが、これよりはいいものが描きたいですね。


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。