はらから

絵を載せていきます。
何卒、何卒

いつかの遠い日

初めましての方は初めまして。どうせ三日坊主だろ、という方には、あの…。


昨日は午後から友人が我が家に来て六畳の狭い部屋の中でひたすら絵を描くとかいう幸せな時間を過ごしておりました。

学校をサボったわけではありませんよ、私は割とサボる方の人間ですけども、昨日はちゃんとした休日でした。

で、何をしたかといえば、友人が油絵を描くよこでひたすら透明水彩をこねくり回しておりました。私、油画専攻なんですけどね。最近はなんというか、新しい表現を探して予備校を休んで文献を漁ったり新しい絵柄に挑戦してみたり、小説を書いてみたり、粘土いじってみたり…とまあ迷走しております。

本当は日本画の人たちみたいにちゃんと下書きしてから着彩をするつもりだったのですが、めんどくさくて位置だけ設定して描いてみたところ見事に失敗しまして。

その失敗作がこちらになります


…はい。これを描いている間に友人は油絵を描き上げアクリル絵をもかきあげました。


これは「伝統花材いけばな作品集 シリーズ日本の花第一巻」の中の「初夏の印象」という作品の写真模写になります。この絵自体は気に入らず処分してしまったのですがとても気に入った作品でした。

この本自体は4日ほど前、曽祖母の本を借りたものの一部なのですが、他の文献がないか聞いたところほとんど処分されてしまったようで…。私が欲しいと思った頃には既に処分されたものが我が家にはいくつあったのでしょう…。

画集やら図鑑やら、私が買い集めてくると「あっそれ昔うちにあったけど捨てちゃったやつだ」とか言われると悲しい気分に。宝の山が…。

他に収穫としてあったのは、曽祖父が作った我が家の庭の花の写真集。何日に何の写真を撮影したかの記録まで。マメだ…私の祖先とは思えない。何処に行ったの遺伝子。母も祖母も誰もそのマメさはみられない。悲しい。

また話題がずれました。

そのあとは二人ではがきサイズの木版画を掘ってました。そして友人は即完成。私は未完成。…わ、わたし下書きしてないから…。


一応途中で試し刷りしたのがこちらになります。



…なにも言うまい。


いつもよりつまらない文章の多いブログを最後まで読んでいただきありがとうございます。

良ければツイッターもみてくださいまし→https://mobile.twitter.com/MarboronLa


それではまた!

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。